Monthly Archives: 2月 2014

花粉症医師の8割が抗ヒスタミン薬を服用

鼻がむずむず、目がしょぼしょぼ──。花粉症の患者にはツライ季節がやってきた。日本人に占める花粉症患者の割合は現在、3割にも上ると言われている。だとすれば、医師の中にも毎 Read more »

医療

PR: 【急募】月収50万円以上!?ITエンジニア求人

高時給の案件多数♪大手IT企業からベンチャー企業まで!まずは登録⇒ Ads by Trend Match Read more »

今回の診療報酬改定は「病院のふるい落とし」

「2014年度診療報酬改定を一言で言えば、『ふるい落とし』。今まで何度も改定を分析してきましたが、今回は現場にとって最低の改定です」これは2月18日に行われた、医療機関の経営者 Read more »

医療

キムヨナと浅田真央とNarrative Based Medicine

いやーオリンピック盛り上がりましたね。冬季オリンピックの特徴は、純粋にタイムを競い合う競技が比較的少なく、技の出来栄えなどを審査員が評価した上で評点されるので、素人には… Read more »

医療

“冬場に増える患者さん”とサトウキビの意外な関係

“冬場に増える患者さん”というと、インフルエンザやかぜの患者さんが真っ先に思い浮かびますが、実際には地域によって様々な特徴があるのではないでしょうか。ここ種子島では、他… Read more »

医療

麻生氏の「さっさと死ねるように」発言の真意は

こんな見出しと記事が新聞各紙をにぎわしました。「『さっさと死ねるように』終末医療で麻生氏失言」。記事によると、麻生太郎副総理が「私は遺書を書いて『そういうことはしてもら… Read more »

医療

PR: 自動車保険、払いすぎていませんか?

徹底的に比較して、自分に合った保険を探すのが自動車保険選びのコツです。 Ads by Trend Match Read more »

救急過疎地の「救世主」、果たしてその実態は?

毎日16時から翌朝まで運営する破天荒なクリニック  「世に小京都は数あれど、小江戸は川越ばかりなり」と謳われた埼玉県川越市に2010年7月、全国初となる救急科に特化した診療所とし Read more »

医療

【幻視】「見えていても危害は加えない」と説明

存在しないものが見える幻視、見間違いによって起きる錯視は、レビー小体型認知症の初期から見られるBPSDの1つ。明確な原因は不明だが幻視では子どもや動物、幽霊が見えたり、錯視で Read more »

医療

なぜオリンピック選手の涙で心が揺さぶられるのか

ソチオリンピックの熱戦が終わりました。恥ずかしながらソチは、その存在すら知らなかった都市ではありましたが、オリンピックという素晴らしい舞台で繰り広げられる、0.01秒や芸術 Read more »

医療