安保法案審議下で進む「第一線救護」の強化

「火線救護」という言葉をご存じだろうか。旧日本陸軍の制度で、軍医による第一線での負傷兵の救護活動をさす。日本陸軍には野戦病院があったが、最前線の負傷兵を後方の野戦病院などに移すための後送の態勢が手薄だったという。必然的に第一線での応急措置…

新着斜め読み | 医療

Comments are closed.